中絶手術を考えてるなら|大切な判断は熟考しよう

女の人

流れを把握しておく

カウンセリング

女性において妊娠する事は多くの方が喜ばれるものです。新たな生命を宿した感動は大きいものです。しかし、子供を作るというのは多くの費用や苦労があります。自身の環境が不安定で子供を作る事に不安を抱える方も多いようです。パートナーや両親などと相談した上で、中絶手術を受けるという方も少なくありません。中絶手術というのは決して良いことではありませんが、しっかりと育成出来ない場合などでは、どうしても行なう必要があり、早めに行なう必要があるのです。そのため、中絶手術を受ける際には手術がうけられるクリニックを利用しましょう。自身の状況に応じた手術方法で行なうことが大切です。

中絶手術の方法として、具体的にどのように行われているのか把握する事で、手術を受ける際の不安を解消する事ができます。麻酔を受けていても身体には様々な負担が掛かるものです。ですので、手術を行なう流れについて把握して内容や注意点を確認しておきましょう。まず、中絶手術には二つの方法があります。中絶手術の方法を判断するには妊娠数週を基準に行われるのが一般的で、早い段階で行われるのが掻爬法と呼ばれる方法です。掻爬法での治療は比較的短い時間で行なう事ができ、麻酔をかけて行われるため、眠っている間に手術が終わりますし、2時間から三時間で帰宅出来るようになります。また、医院より手術方法が変わりますので予め確認しておきましょう。次に呼吸法と呼ばれる治療があり、強制的に陣痛を起こし、出産と同じような方法で行ないます。薬によって陣痛を起こすため、早ければ一日で完了しますが、陣痛が遅ければ2日から3日ほど掛かり、手術後も5日ほどの入院が必要になります。